育毛剤にだまされ続けた私の薄毛ケア

気軽に薄毛対策ができると思っていたのが間違いだった

なんとなく髪の毛のボリュームが少なくなってきたな、と思ったら急激に抜け毛が増えてきて、頭のてっぺんが薄くなって、これはヤバいと思って薄毛対策をすることにしました。といっても、何をしたらいいのかよく分からなかったので、とりあえず世に出ている育毛剤や髪の毛が増えるという宣伝をしている商品をとにかく使ってみることにしました。まずは、育毛シャンプーですね。きちんと頭皮の皮脂を取った方が良いということでスカルプ系のものを使ってみたり、増毛効果のある有効成分が入っているものを使ってみたりしました。

それと一緒に、育毛サプリと呼ばれるものも飲むようにしました。どの成分がいいとかはよく分からなかったので、ネットで見て育毛効果がある成分がいろいろ入っているというものをとりあえず買ってそれを飲むようにしました。これにシャンプー後の育毛トニックと合わせて、三つ同時にしていました。つまり、育毛シャンプーに育毛アプリ、育毛トニックという組み合わせです。ネットやドラッグストアで簡単に手に入るものでも、これだけでしっかりとケアをすれば大丈夫だと思っていたのです。

 

しっかりとした根拠に基づいたものでないと効果が出ないということを身をもって知ることになる

ところが、薄毛対策をしていると思ったのはあくまで気持ちだけの問題で、実際には大して効果が出ることはありませんでした。かなりの期間、半年以上はこの組み合わせを続けましたが、一向に髪の毛が増えないどころか抜け毛が進行していくばかりでした。

そこで、これはダメだと思ってきちんと薄毛について勉強することにしました。すると、AGAと呼ばれる男性の脱毛症は、きちんとAGA治療薬を用いて対処しないと治療するのはかなり難しいということが分かりました。ドラッグストアなどで販売されているもので気軽に治すというのはかなり難しく、AGAクリニックで専門的な診察と専用の薬を出してもらうことが欠かせないということが理解できたのです。